札幌にある5つの美術館

札幌芸術の森美術館

札幌芸術の森にある美術館です。
1990年9月、北海道札幌市南部の緑いっぱいの丘陵地と評価される統合文化設備・札幌芸術の森に開館したといいます。
札幌、北海道関係の芸術家の力作並びに国内及び海外の近現代美術というものをコレクションの原点としながら、いろいろな趣旨の特別展を1年間で5~7本行なうと同時に、 美術についてのリサーチ研究活動に取り組んでおります。
さらに74点の彫刻作を常設陳列する野外美術館、 その上、園内のとりどりの自然風土や周りにある教育・研究機関とでもの一体化しを活用した協力プロジェクトを用いて、市民に生涯学習の場を用意しています。
札幌の美術文化振興の中枢的機能を果たす美術館と見なされています。
オリジナルグッズやアーティストグッズも販売しています。
札幌市南区芸術の森2丁目75

 

北海道立近代美術館

1977年オープン以来、幾つもの収蔵品を色んな切り口で陳列しています。日本と海外の個性豊かでバラエティーに富んだ作品を公開しておく特別展をたびたび実施しています。
主として片岡球子、岩橋英遠、木田金次郎、神田日勝など北海道関係の作家の絵画や彫刻をシステマティックにコレクションしてあり、この他にはアールヌーヴォーより近代に亘る世界中の非凡なガラス工芸品の収集は我が国でも高い評価を得ています。
館内には、ミュージアムショップや図書コーナー、ビデオライブラリー、そして2階にはレストランも併設されています。
ココのミュージアムショップは店頭販売のほかにもインターネット販売も行っています。
レストランでは新鮮な食材を使って健康と美容にというコンセプトと元に美味しい料理を提供しているんだそうです。
札幌市中央区北1条西17丁目

 

本郷新記念札幌彫刻美術館

この美術館は彫刻家であった本郷新の作品が展示されています。
場所は札幌市中央区宮の森で住宅街の中にあります。
ここに保管展示されている作品は彫刻や絵画などおよそ1800ほどなんです。
札幌市中央区宮の森4条12丁目

 

北海道立三岸好太郎美術館

札幌生まれの画家で、31歳という若さでなくなりました。
三岸好太郎は札幌一中(現在の札幌南高校)を卒業してから画家になるために東京へ行きました。
彼が画家として注目を集めたので、上京して2年後のことでした。
札幌市中央区北2条西15丁目

札幌にある美術館関連ページ

文化財
札幌市内にある有形文化財、無形文化財、天然記念物、民俗文化財、史跡など価値ある文化財を集めて特集してみました。
博物館や資料館