車の査定士との関係は重要

車の売りに出すときに、査定をしていくれる人のことを査定士と言いますが、日常生活の中ではあまり聞かない言葉なので、もしかしたらただ単に便宜上査定をする人のことをそのように呼んでいるのかなと思っていました。
でも実際には、日本自動車査定協会が行っている検定試験に合格した人だけに与えられる資格なのです。この試験にはどんな人でも受験できるわけではありません。
車の販売とか整備の経験が6カ月以上ある人しか受けることができないんです。

 

また有効期限も3年間と決められていて、この期限が切れる前に研修を受けないと査定士の資格を失うことになります。
なので査定士はクルマの査定はもちろん、車についての深い知識を持っている人なんですね。
現在は買い取り専門店のスタッフだけでなく、ディーラーや車販売店のセールスマンの人でも中古車査定士の資格を持っている人が多いんだそうです。

 

査定金額の相違について

査定士さんが現車を細かくチェックして査定額を算出するのですが、その査定額がどこの業者でも同じになることはありません。
それぞれの買取業者や中古車販売店、ディーラーで買い取った車がどれくらいで販売できるかによって買取額も変わってくるからなんです。
例えば自社で取り扱っている人気車種であれば査定額もアップしやすくなります。、ディーラーなら自社メーカーの車の方が他社の車よりも高く買い取ってもらえる確率が高くなります。
中古車販売店の中にも軽自動車をメインに扱っているところ、スポーツカーやRVなどを専門に売っているところなど、その販売店の取り扱っている同一車種であれば他の買取業者よりも高く買い取ってもらえる場合があります。
なので車を売るときには、何軒かの業者を回ってみることが査定額アップのコツになります。

 

中古自動車査定士とは関連ページ

査定はただであるのかどうか確かめましょう
近頃では札幌でもユーザが一気に増している、車の買取査定なんですが、ネットを利用して査定を依頼するそのものは無料だから料金は生じません。その後原則として出張査定も0円でしてくれます。
修復歴有のクルマでも巧みに隠せば査定の際に勘付かれない
事故を発生させて修理をした車は修復暦ありという事となって、札幌でも査定のデメリットとなってしまうのが定番なんですよ。でも直してしまったら見た感じも全くわからないですから隠しても問題なし?